So-net無料ブログ作成
検索選択

『希望の地図』 [本]

重松 清氏の本。「希望の地図」を読んでいます。

実際に、震災後の東北を取材したことを小説に仕立てた内容で、
11日までに読み終えようと思っていたのですが、もう少しかかりそうです。

「希望の地図」の中で、

『道路が出来た、橋が架かったというニュースの陰には、
まだ避難所に残されている人たちもいるんです。
その人たちにとっては、世の中が前に進んでいるニュースを見ると、
かえって自分だけが取り残されてしまったような気がして、落ち込んでしまう・・
そのことを忘れてはいけないと思うんです。』

そんな言葉に考えさせられました。

100%の復興ではないということを、知らない現実もあるのだということを。
↑の言葉は、震災後、間もない時期の取材だったとしても、
今もまだ同じような状況はあるはずだから。


6年前の3月11日、14時46分。
私は、今の職場で仕事始めとなる初日の研修中でした。

6年間、仕事を続けられたことに感謝しつつ、
今日は、職場の仲間たちと、東北へ向けて黙祷したいと思います。



nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

名を呼ぶ [日記]

風の冷たい一日でも、時折、春の陽射しを感じるようになりましたね。

年末から、叔父や叔母の訃報が続き、寂しさを覚えます。

お見舞いに行ったときに、大きな声で私の名前を呼んでくれたので、
その呼び方で、子供の頃の自分に返る様な気がしました。
そして、その声の大きさに、まだまだ元気だと安心していたのに。


  ・・・名前を呼んでくれる人が居る・・・

それだけで、愛されている。
無条件に受け止めてくれる人がいる。

と思えて、温かいもので包まれているような気持ちになりました。

自分自身、一つまた一つと年齢を重ねているのに、
母はもちろん、叔母たちにも甘えていたいと思ってしまいます。^^;

愛された分、私も甥や娘の名前を呼んで、
愛情をいっぱい注ぎたい~と思ってしまいました。

暑苦しい・・?(笑)

大きな声で名前を呼ぶ。

友達に会ったとき。
知り合いに会ったとき。

嬉しいときは、大きな声で名前を呼ぼうと思います。^^


nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感