So-net無料ブログ作成

音色の消える瞬間に耳を澄ます。 [音楽]

今年に入ってから、コンサートに2回ほど出掛けています。

先日は、チェコ・フィル・ストリング・カルテットの
演奏を聴く機会がありました。
曲名は知らなくても、聞いたことのある曲がほとんどだったので、
親しみをもって聴くことができました♪


弦楽四重奏を、聴くのは初めてです。
ヴァイオリニストの手の、そのしなやかな動き。
ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの四重奏でありながら、幾重にも聞こえる音色。

特に曲の出始めと、音色の消える瞬間に耳を澄ませていました。

消える瞬間が、とっても心地よいのです。
やわらかさを持ったまま、ふっと自然に消えるので。

曲中も、『楽器が謳う』というのは、こういうことなのかな?
と、勝手に解釈。^^;

普段は、静かな空間が好きなので、音の無い生活が多いのですが、
コンサート会場の雰囲気は、いいですね。

開演前と終演後。
私にとって、その違いは明らか。
他のお客様の表情にも、それは見て取れます。

開演前には無かった、アーティストと共有した時間・空間の豊かさがあるからだと思います。^^

そんなワケで、ちょっと贅沢な週末を過ごせたのでした~♪(*'ー'*)


明日は、雪の舞う朝になるのでしょうか?

寒さによる交通機関の影響がありませんように。
北の地方にお住まいの方。どうか日常生活に支障がありませんように。




nice!(4)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。